ホンダ

春闘・賃上げ

【春闘2019】トヨタ、ホンダが妥結

注目のトヨタ自動車とホンダの2019年春闘も妥結しています。 トヨタ ベースアップ非公表、平均昇給額(全組合員)月1万700円(昇給率3.01%)。 夏季賞与・一時金は組合員平均120万円、冬季賞与・一時金は交渉継続。 ホン...
春闘・賃上げ

【2017春闘】自動車メーカーの回答出揃い妥結

2017年の集中回答日になり、自動車メーカーの回答が出揃いました。 トヨタ自動車 月9700円相当、ボーナス・一時金約230万円 日産自動車 月1500円相当、ボーナス・一時金約230万円 ホンダ ベア月1600円、ボーナス・一時金5.9ヶ...
企業ランキング・データ

有給休暇取得率3年平均ランキングとワーストランキング

日本は海外に比べて有給休暇取得率が低い事は以前から言われています。 会社員の有給休暇取得率は47.6%、消化日数としては8.8日。 付与された有給休暇日数は平均18.4日ですから10日弱消化しきれていません。 大企業ほど有...
転職情報・ニュース

ホンダが社内公用語を英語へ、英語を使おうなんてバカな話から5年・・・伊東孝紳社長も心変わり?

ホンダ、英語を社内公用語に 20年目標 ホンダは29日、2020年を目標に社内の公用語を英語にすると発表した。地域をまたいだ会議やグローバルで共有する文書の作成に英語を用いる。言語を統一して地域間のコミュニケーションを密にし、グローバル化を...
春闘・賃上げ

自動車の春闘は全面ベア実施、トヨタ4000円、日産5000円、ホンダ3400円、富士重工業3000円前後、マツダ1800円、スズキとダイハツ1600円

トヨタ、ベア4000円回答がもたらす「効果」 トヨタ自動車は3月18日、2015年春闘でベースアップ(ベア)を月額「4000円」とする回答を、会社側として行った。定期昇給分の7300円を含めた1万1300円は、平均の上げ幅で3.22%となる...
企業ランキング・データ

年次有給休暇取得率ランキング2014、労働基準法改正の有給消化義務5日で平均取得率48.8%は上昇する?

最新版!「有給休暇取得率」トップ300社 ホンダは4年連続トップ、80%以上は47社 ランキング1位は4年連続でホンダとなった。取得率は3年平均で101.5%。11年度106.1%、12年度99.4%、13年度99.0%と毎年高い取得率を維...
春闘・賃上げ

東証1部上場企業1800社や中小企業の2014春闘ベア実施状況を公表

経産省、1部上場企業の賃上げ動向を5月に発表 個別の企業名も公表へ 経済産業省が東証1部へ上場している企業を対象に、2014春闘での賃上げ・ベースアップ状況を企業名と共に公表する事を発表しました。その他、中小企業を対象とした調査結果も公表...
春闘・賃上げ

トヨタ自動車ベースアップ2700円、非正規も日給200円上昇、スズキはベア見送りの春闘妥結調整

トヨタ、ベア2700円決着へ スズキは見送り方針 明日の回答前に、トヨタ自動車がベースアップ2700円でほぼ確定である事が分かった様です。 非正規社員も日給200円の賃金上昇となる予定。尚ボーナスとなる一時金は満額回答。 これはトヨタ自動...
転職情報・ニュース

トヨタ、ホンダ、日産、マツダがエアバッグ不具合でリコール、製造元タカタの株急落

車載用エアバッグに不具合が見つかり、使用していたトヨタ、ホンダ、日産、マツダの4社のメーカー自動車が計292万台リコール対象となりました。 このエアバッグの製造元であるタカタ株式会社の株価が一気に急落しましたが、その後ある程度買い戻されて...
企業ランキング・データ

ブラックがあればホワイトもある、新卒離職率の低い企業ランキング300

新卒離職率が低い、ホワイト企業トップ300 東洋経済CSR調査では、学歴にかかわらずすべての2009年4月入社の社員が3年後の12年4月に何人在籍しているかを聞いている(一部前年度になっている場合あり)。『CSR企業総覧』掲載1128社の...