タニタの働き方改革、社員の個人事業主化に違法行為と批判

タニタの働き方改革「社員の個人事業主化」を労働弁護士が批判「古典的な脱法手法」
健康機器メーカーのタニタの社長がとなえる「働き方改革」が注目をあつめている。同社は2017年から、社員が「個人事業主」として独立することを支援する取り組みをはじめた。

日経ビジネス(7月18日)によると、タニタ本体の社員のうち、希望する人は、会社との雇用関係を終了したうえで、タニタと「業務委託」の契約をむすぶ。そして、独立直前まで社員として取り組んでいた仕事を「基本業務」として委託されることになる。

報酬については、社員時代の給与をベースに「基本報酬」が決まり、「基本業務」におさまらない仕事は「追加業務」として受注して、成果に応じて「成果報酬」も受け取ることができる。

また、「基本報酬」には、会社が負担していた社会保険料や通勤交通費、福利厚生も含まれる。就業時間に縛られることがないので、出退勤の時間も自由に決められるといメリットがあるようだ。タニタ以外の仕事を請け負うのも自由で、契約期間は3年というものだ。

タニタの谷田千里社長は「働き方改革=残業削減」という風潮に疑問をいだいて、働きたい人が思う存分働けて、適切な報酬を受け取れる制度をつくりたいと考えて、「社員の個人事業主化」を導入したという。
https://www.bengo4.com/c_5/n_9998/

タニタが働き方改革として社員を個人事業主化する事を導入しているそうです。これは驚きですね。

このタニタの社員個人事業主化に対して方々から批判があり、弁護士も古典的な脱法手法と批判を強めている様子。

このタニタの社員個人事業主化は、日経のタニタ社長へのインタビューで明らかにされた様で、社員から個人事業主となったのは現時点で26人とのこと。

タニタ社長「社員の個人事業主化が本当の働き方改革だ」
https://business.nikkei.com/atcl/gen/19/00005/071800034/

デキる社員はフリーランスで タニタ式「働き方革命」
https://style.nikkei.com/article/DGXMZO47493000Y9A710C1000000/

日経はタニタの手先という意見もありますが、ちゃんと読んで下さい、日経も一応ちゃんと突っ込んでいます・・・

現在似た様な事例としてウーバーイーツの配達員の問題があります。

ウーバーイーツ配達員の方は労組がなかったからという一応の理由がありますが、タニタも労組は・・・なさそうですね。

ウーバーイーツの方は最初の契約書、タニタの方は希望者のみで強制ではない。ここら辺でしょうかね。

タイトルとURLをコピーしました