ユニゾHD株価大幅高に、HISのTOBからエリオット買増しに野村證券も大量保有の様相

ユニゾホールディングスの株価が大幅高となっています。

HISがユニゾHDへTOBを実施してからというものユニゾHDの株価は上昇していますが、今回の株価は一段高となり終値で3720円とつけている。

HISのTOB価格が3100円である事からも分かる通り、HISのTOBに対抗している。

ユニゾHDの株式を買い増しして大量保有しているのはエリオットインターナショナルで、先日から何度も買い増しをしており現時点の保有比率は8.79%。更に野村證券もユニゾHD株を買っており現時点で5.08%と大量保有している事が明らかになっています。

一方のHISは保有割合が先週時点で6.62%となっており、TOBへの応募が少ない事が分かる。
期限まで後10日ですのでたとえTOB価格を引き上げてもTOB不成立の可能性が高く、HISの株価も他の要因と併せて下落している。

問題はエリオットと野村證券が何をしたいのかによるのですが、単純にTOB価格の引き上げなのかユニゾ買収したいのか現状全く声明が発表されていませんが、ユニゾが複数企業から買収提案を受ける可能性が高いため特別委員会で提案について諮問すると発表しており、どうやら買収目的だった様子。

ユニゾはHISの敵対的TOBを受けて幾つか資産売却を行なっていますが、まさかこんな事になるとは思ってはいなかったでしょうね。
HISの思惑もユニゾの思惑も外れたという感じでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました