週明けドル円105円台から株価全面安の展開へ

先週末に中国への追加関税が発表された後から為替相場と株式市場が荒れていますが、週明けとなった月曜日にはドル円相場が105円台へ突入し、日経平均株価も一時500円安となる全面安の展開となりました。

お盆の夏休み前に円高となり、海外旅行の費用が幾分安くなりますが、お盆休みは毎年狙われていますので大幅に動く事が多いので保持している方は注意しましょう。

決算期であり、決算発表を見てから取引を行う予定だった方は少々様子を見なければならない状況かも知れませんね。

数日前は109円だったドル円が105円台へ急騰ですので、政府と日銀が緊急会合を行なっています。
為替相場の大幅な変動は企業業績に直結し株価も下がってしまいます。

政府・日銀はETFによる買い入れを行なっていますので、あまり呑気にしていられないのかも知れませんね。

タイトルとURLをコピーしました