満員電車など交通混雑解消で時差出勤とテレワークの実証実験開始

時差出勤やテレワーク 五輪の混雑緩和へ大規模実験

2020年東京五輪・パラリンピックに向け、政府や東京都などは22日、都心部の交通混雑を抑えるための大規模な実証実験を始めた。パソコンを使い自宅などで働くテレワークや時差出勤などを企業とともに推進する。大会中の観客らの円滑な移動につながるかどうか、9月6日まで試行して効果を検証する。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO47611310S9A720C1MM0000/

東京五輪を1年後に控え、満員電車や渋滞など交通混雑の解消を目的とした時差出勤とテレワークの実証実験が開始されました。

昨年からテレワーク・デイズとして時差出勤やテレワークなどの実証実験を行なっており、今年のテレワーク・デイズまでに2000社ほどが加盟している。

テレワークに関しては各種の補助金や助成金制度があり、中小企業向けの制度もありますので、導入を検討している企業は確認しておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました