アサヒがカールトン・アンド・ユナイテッド・ブルワリーズを買収

アサヒGHがABインベブから豪ビール会社買収へ、1兆2000億円

アンハイザー・ブッシュ(AB)インベブは19日、傘下のオーストラリアのビール会社カールトン・アンド・ユナイテッド・ブルワリーズをアサヒグループホールディングスに160億豪ドル(約1兆2000億円)で売却することで合意したと発表した。

  同社の発表資料によると、アサヒGHへの売却は2020年第1四半期(4-6月期)までに完了予定としている。アサヒGHの広報担当の桜井啓氏もABインベブの発表内容は事実だと確認した。
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-07-19/-160

アサヒグループHDが豪州のビール会社であるカールトン・アンド・ユナイテッド・ブルワリーズを買収する事が報道されています。

カールトン・アンド・ユナイテッド・ブルワリーズはアンハイザー・ブッシュインベブグループに属しており、アンハイザー・ブッシュインベブが発表した買収に関してアサヒも事実である事を述べています。

買収額は1兆2000億円となっており、日本企業による買収額の中でも高額の部類です。

アンハイザーは世界最大のビール会社ですが、SABミラーを13兆円で買収した事で巨額の負債を抱え、今回の売却も負債軽減の一環と見る見方もある。

アンハイザーの業績を見ると確かに低迷しており、世界のビール需要も低迷中。

しかし、ドイツ銀行の人員削減で昼間からビールを飲んでいる社員もいるそうですから、人員削減が増えている現在ビール需要も増すかも知れない。

ドイツ銀行社員がヤル気を失くしてしまっている

タイトルとURLをコピーしました