悪質なM&A仲介業者の見抜き方

5億で売れたはずの会社を2億円で売却!億単位でピンハネするM&A悪徳業者の「甘い罠」

「売り手さんからは1円も報酬はいただきません」
「手数料は買い手からいただくので、売り手さんには無料で誠心誠意尽くします」

 この営業トークは、売り手企業には魅力的に映ります。
 この誘惑に勝てる売り手企業がいるでしょうか。
 無料で買い手企業を探してくれる仲介会社は、事情があって会社を売却せざるを得ない中小企業のオーナーや経営者にとっては、救世主のようです。それこそが、悪徳業者がつけ込むワナなのです。

薬指に指輪のあと 合コンで「彼氏持ち」だと隠している女性の特徴 - ライブドアニュース
ライブドアニュースは、幅広いジャンルのニュースをいち早くお伝えします。わかりやすさ、読みやすさにこだわり、記事の核心をまとめた要約をつけています。

M&Aに付きまとう悪いイメージは悪質なM&A仲介業者が原因である事は間違いありません。

悪質なM&A仲介業者を見抜く方法は幾つかありますが、最近では投資詐欺、振込め詐欺の様な金融詐欺の事例が非常に多いですので見抜く方法も殆ど同じと考えて良いでしょう。

中小企業のM&Aに関して、顧問の先生がリスクを述べるのは殆ど悪質なM&Aに注意しろと言う事です。

中小企業の経営者は、M&Aで売却する時まで株式の事を考えた事もないでしょうし、株価の市場価格も分かっていない人が多かった。

上記記事の悪質なM&A仲介業者はFA契約と呼ばれる手法です。
買い手か売り手のどちらかの会社とのファイナンシャル・アドバイザリー契約となります。
この契約は、あの会社が買いたい、もしくはこの会社を売りたいとM&Aを依頼した会社とのFA契約です。

ですから中小企業の経営者はM&Aアドバイザリーを利用する場合、依頼をする側の立場になれば良いのです。そうするとM&Aアドバイザリーは味方となる訳です。

企業規模が大きい会社のM&A案件や、引く手数多の企業のM&A案件などは、双方が専属M&Aアドバイザリーを立てている事もしばしばあります。巨額な手数料争いは泥沼化しがちですが、最終的に決めるのは経営陣です。
中小企業だからと言わずに調査(デューデリジェンス)・評価(バリュエーション)・調印(クロージング)くらいは覚えておくと良いでしょう。

顧問の先生がどの様な方か分かりませんが、監査法人や税理士法人の人であれば、基本的には良くご存知だと思いますが、クロスボーダー案件、要は国外企業からの買収などは少々事情というか法律自体が異なる事もありますので、専門的な方や弁護士を紹介してもらうと良いでしょう。

悪質な業者は前述の投資詐欺、振込め詐欺の様な金融詐欺の事例と同様に国際的なグループになっている事も明らかとなっており、個人でどうにかなるレベルではなくなっていますので注意しましょう。

ハゲタカファンドの様な事例は、単純に敵対的な買収の事例であり、今回の悪質なM&A業者とは異なりますので、悪いイメージも払拭して下さいね。

タイトルとURLをコピーしました