テンセントがメトロの買収に着手

テンセント、独流通大手の中国事業買収に名乗り

中国のネットサービス大手、騰訊控股(テンセント)が独流通大手、メトロの中国事業の買収を目指していることがわかった。買収額は20億ドル(約2200億円)に達する可能性がある。テンセントは主力のゲームやSNS事業の成長速度が鈍化するなか、M&A(合併・買収)や提携を通じた多角化を急いでいる。

テンセント、独流通大手の中国事業買収に名乗り
【広州=比奈田悠佑】中国のネットサービス大手、騰訊控股(テンセント)が独流通大手、メトロの中国事業の買収を目指していることがわかった。買収額は20億ドル(約2200億円)に達する可能性がある。テンセ

中国のテンセントがメトロの買収に着手した事が報道されています。

メトロと言っても東京メトロではなく、ドイツ本社の食品会員制卸売のメトログループのメトロです。

日本ではメトロキャッシュアンドキャリージャパンとして事業を行なっており求人もあります。

【中途採用求人募集】加賀テクノサービス、建設物価調査会、メトロキャッシュアンドキャリージャパン、ユー・エス・エス、サーモフィッシャーサイエンティフィック合同募集

資金調達も済ませてテンセントが大型買収をする事は以前から報道されていました。

メトロの中国事業の買収額は約2200億円とされており、少し前にはアリババと取り合っているという報道がされていました。

テンセントとアリババはここ最近買収を活発化させており、これはD2Cの買収戦略と取る事が出来るでしょう。

アリババの買収先を見るとD2Cである事が分かりますが、テンセントも小売流通を主に買収している事からD2C市場へ参入していると考えられる。

タイトルとURLをコピーしました