管理職は生え抜きか中途採用か

出世欲がなく、管理職にはなりたくない新卒入社社員が多くなっている調査結果が出ています。

2019年度 新入社員の会社生活調査
新入社員の働く意欲や新社会人としての意識などについて調査しました。業務時間外で勉強してみたいか?転勤しても良いか?などの回答からわかる今年の新入社員の特徴とは?

前回投稿でも書きましたが、総合職で入社しても永遠の管理職候補で終わる事になります。

消えゆく総合職、中途採用と転職による雇用流動化推進も解雇規制の緩和は避ける
今年の骨太方針・成長戦略が閣議決定され、働き方の変革に関しての方針を示しています。 基本的には良く言われている事や既に実施されている事が盛り込まれていますが、解雇規制の緩和に関する具体的な明言は避けた一方で解雇金銭解決制度など...

企業が新卒採用を重視し、総合職で採用する理由は管理職を育成するためですが、以前から出世欲がない新卒入社社員が増えており、新卒採用が意味ないと言われている理由の一つでもあります。

総合職でジョブローテーションをさせて適正に応じて各部署へ配属する様になりましたが、時間はかかるわ、業務内容は乏しいわで完全に非効率です。

評価によっては自分はやりたくないと感じている部署へ配属されてしまい、モチベーションが上がらないまま転職する事になる。

まず、やりたいと思っている部署なり職種なりをやらせてみる事が先決であり、適性があればそのままその部署の管理職コースへ配属した方が効率的です。

そんな事は分かっていながらもやめられない理由が、管理職は生え抜きの新卒入社社員か、それとも中途採用かと言う問題がある。

多くの日本企業は管理職イコール生え抜き社員と言う考えが根付いており、これを覆した事例は殆どありません。

プロパー社員とも呼ばれており、プロパーだから許される事は多々ある。これが年功序列の終身雇用であり、転職に悪いイメージを与えてしまいました。

何もプロパー管理職が悪い訳でなく、前述の通りやりたくないと思っている社員やプロパーだからと言う理由だけで管理職になっている社員が多くなっている現状があるのです。

さて、骨子案では中途採用を推進する訳ですが、中途採用で管理職を登用する企業が出てくるかが注目でしょう。

最近の求人では、中途採用での管理職募集も徐々にではありますが増えてきています。

現時点で高度プロフェッショナル制度が適用された事例は少ないですので、専門職の管理職を増やしたい思惑もあると思います。
だとしたら、もっと年収上げないと。

タイトルとURLをコピーしました