損害保険ジャパン日本興亜が損保事業の従業員数4000人削減で介護事業へ配置転換、新卒採用人数も削減し希望退職は募集せず

損害保険ジャパン日本興亜が、国内損保事業の従業員数4000人を削減すると報道されています。

損保ジャパン、4000人削減=ITで効率化、介護分野などに配転:時事ドットコム
損害保険ジャパン日本興亜が2020年度末までに、従業員数を17年度比で4000人程度減らす方針であることが24日、分かった。全体の約15%に相当する。ITを活用し、業務の効率化を進める。余った従業員は介護などを手掛けるグループ企業に配置転換し、新卒採用も抑える。希望退職者の募集は予定していない。

4000人に対して希望退職の募集はせずに、損保ジャパングループの介護事業やセキュリティ事業へ配置転換し、そのほか新卒採用枠も減らすとのこと。

3メガバンクを始めとして金融機関による配置転換が多くなっていますが、富士通なども配置転換で対処しており損保ジャパンも同様の措置となっています。

SOMPOグループの介護事業と言えばワタミから買収した事が知られていますが、SOMPOホールディングスとしてはメッセージ、ジャパンケアサービスなどの介護事業を買収しており、かなり大規模です。

損害保険ジャパンとしては買収したシダーとの資本提携を解消する事が発表されており、セキュリティ事業は、SOMPOリスクマネジメントなどが情報セキュリティ分野の事業を行なっています。

転籍ではなく配置転換という言葉を使用していますので、新会社を設立して配置転換する可能性が高いのでしょう。

適正によっては上記の事業以外への転換も出来るのではないでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました