ソニーとファーストリテイリングが新卒年収アップ、くら寿司に続く

くら寿司が新卒入社で年収1000万円の求人を出していますが、皆さんもう応募しましたか?

くら寿司が年収1000万円のエグゼクティブ新卒採用を実施
回転寿司チェーンのくら寿司が、年収1000万円の新卒採用を実施しています。 エグゼクティブ新卒採用となっており、経営戦略部に所属し主に海外事業を推進する業務となる様です。 条件も幾つかあり、年齢は26歳迄ですが社会人経験...

くら寿司以外でも新卒入社でも年収アップをする会社が出てきており、ソニーとファーストリテイリングもくら寿司に続いています。

ソニーは、これまで最大約600万円だった優秀な新入社員の年収を引き上げ、最大約730万円とする事が報道されています。

ファーストリテイリングは、最短3年で年収1000万円以上、海外勤務で最大3000万円となる人事制度と導入すると報道されています。

どれだけ優秀でも横並びだった給与体系や人事制度が崩れてきた訳です。

ファストリはまだ分かりませんが、くら寿司とソニーが今回行った事は非常に意味があります。

何が良いのかというと、曖昧であった優秀な人材像をしっかりと特定している事です。

くら寿司は高い英語力と簿記、ソニーは高度なAI技術。

この様に評価基準を明確化する事が課題でしたから、実力主義に色々と思う事があった方もやり易くはなったのではないでしょうか。

しかし、優秀な人材の基準・評価基準も時とともに変遷します。
評価基準を明確にすると、応募が集まる反面、市場にその人材が飽和状態になります。スポットで雇うのであれば、更にアップしなければなりません。

解雇規制がある以上、次はこういった人、次はこの様な人と状況に応じて人事戦略を立てて採用を実施したほうが良いでしょう。

タイトルとURLをコピーしました