月給50万円でやり甲斐のある仕事と生き甲斐のある生活が最も良い

月収「30万円だけど…」阪急電鉄、広告炎上

阪急電鉄は働く人たちの様々な言葉を紹介した中吊なかづり広告について、「庶民の感覚と大きくずれている」などとインターネット上で批判されたことなどを受け、10日、撤去した。

 阪急電鉄によると、広告は働く人を応援するためにコンサルティング会社と共同で企画。「はたらく言葉たち」という書籍から80の文章を抜粋し、掲載した。

 〈毎月50万円もらって毎日生き甲斐がいのない生活を送るか、30万円だけど仕事に行くのが楽しみで仕方がないという生活と、どっちがいいか。〉という

https://www.yomiuri.co.jp/national/20190611-OYT1T50184/

阪急電鉄の中吊り広告が批判を受けて撤去されたニュースがありました。

その中吊り広告には「毎月50万円もらって毎日生き甲斐がいのない生活を送るか、30万円だけど仕事に行くのが楽しみで仕方がないという生活と、どっちがいいか。」や「私たちの目的は、お金を集めることじゃない。地球上で、いちばんたくさんのありがとうを集めることだ。」といった言葉が掲載されていたという。

どこかの求人広告に掲載されていそうな言葉ですが、皆さんはどの様に思われましたでしょうか?

月給50万円でやり甲斐のある仕事と生き甲斐のある生活が最も良い。

正しくは上記の通りでしょう、多分間違えて出稿してしまったのでしょう。

月給50万円の賞与4ヶ月を年2回で年収1000万円ですね。

私たちの目的は、お金を集めてお客様や社員に還元し、ありがとうを集めることだ。

もう一つの方は上記の様な感じでしょうか、やはり間違えて出稿してしまったのでしょう。

タイトルとURLをコピーしました