誰もが未経験の10連休対策が続々、新入社員は注意しよう

未経験者歓迎など未経験可の求人を探している転職者も多いと思いますが、今年のGWは誰もが未経験者となります。

以前にも書きましたが、多方面への影響は計り知れません。

10連休と東京五輪で転職も求人も増える?超5月病にも注意
http://newjob.wpblog.jp/article/post-5382.html

10連休まで約1ヶ月と迫っていますが、各方面で10連休対策が発表されており、ようやくリスクに気付いた感じですね。

最も警戒されている株式市場や為替市場ですが、日本取引所も各証券会社と連携して対応する様です。

そんな中、既に株価は乱高下しています。
決算発表も相次いで行われており、4月末の決算発表を控えている企業も多く注意しなければなりません。

更に先日はフェデックスが64%減益見通しが発表されており、海外企業の状況も注意しなければなりません。

10連休前に売買したいが、決算発表を控えており、どうしようも出来ない方もいるでしょう。

しかし、上方修正なら良いが下方修正だった場合は最悪ですので、判断は早めの方が良いかもしれませんね。

最近の上方修正企業としては、芝浦メカトロニクス22%、コンテック32%、ミライト76%、稲葉製作所20%、キムラ30%、三陽商会33%辺りが10%以上の上方修正を行なっています。

一方、下方修正企業としてはエンプラス39%、クロスフォー36%、ネクストジェン80%、パイプドHD21%、北越メタル50%、イオンファン23%、オークワ75%、しまむら、西松屋チェーン25%、サンデー64%、日本スキー場開発24%、オハラ81%、みずほフィナンシャル85%、正栄食品工業28%辺りが20%を越える下方修正を行なっています。

更に赤字への転落予想は、いなげや、インタライフ、リズム時計工業、さいか屋、日本ビューホテル、鳥貴族、電算と意外と多くなっています。

とは言え今更右往左往してもどうしようもない事は以前書いた通りであり、保持する方は休む時は休むと切り替えた方が精神衛生上良いでしょう。

さて、ここまで書いておいて何ですが、株価の影響は個人投資家が殆どでしょうから、10連休中に最も注意しなければならないのは以前書いた通り5月病です。

新卒採用入社を含め、転職や異動によって新年度から新たな職場に就いた方々など新入社員が最も影響を受けると思います。体調管理に注意しましょう。

そしてアルバイト・パートや派遣社員など非正規雇用の方々も収入が減る方も多いでしょうから影響を受けます。
収入の減少は精神的に影響がありますので、注意しましょう。

不安やストレスは体調を崩してしまいますので、やはり休む時は休むと切り替えた方が精神衛生上良いでしょう。

たとえ金融危機の様な急落があったとしても、例から見て即求人が無くなる事はないでしょうから、ため息を吐くより、求人多いし転職できるし、と楽観的に考えて休んだ方が良いと思います。

皆が休んでいる間に求人を見て転職先を探して、新たな職場への希望を持って連休中を過ごす事も良いと思います。

転職をする方は以下のページで求人を探してみましょう。

大手・有名・優良企業、残業少なく安定の高収入など中途求人情報
http://newjob.wpblog.jp/article/373925891.html

タイトルとURLをコピーしました