東芝が業績の下方修正、ニューフレアテクノロジーのれんと東芝メモリの持分法損失で

東芝が決算発表を行い業績予想の下方修正をしています。

ニューフレアテクノロジーののれん減損と、東芝メモリの持分法損失が嵩んだ結果となっています。

上記2社に限らず、半導体関連は一時期の隆盛も落ち着いた感じがあり、どこも似たり寄ったり。

米中貿易摩擦と言うか米中対立の影響もありますが、それ以前から中国市場の下落もあり一段落している。

これとは全く関係ないのですが、「半導体企業ランキングから日本企業が消えた!」と言うタイトルの記事が最近良く目にします。
半導体をメーカー単体で考えてしまうとは・・・

転職をする方は以下のページで求人を探してみましょう。

大手・有名・優良企業、残業少なく安定の高収入など中途求人情報
http://newjob.wpblog.jp/article/373925891.html

タイトルとURLをコピーしました