コカ・コーラボトラーズジャパンが700名程度の希望退職を募集

コカ・コーラのボトラーであるコカ・コーラボトラーズジャパンが決算発表を行い経営陣の刷新と700名程度の希望退職を募集する事も発表しています。

先月末にリストラを発表しており、その一環で経営陣も変えています。

代表取締役社長の吉松民雄氏が退任し取締役会長へ、新社長にはザ コカ・コーラ カンパニー ボトリング投資グループのプレジデントであるカリン・ドラガン氏が就任する。その他にもいくつかの異動が発表されています。

災害の影響もありますが猛暑の影響で多少は改善したものの決算は振るわず、700名程度の早期希望退職を700名程度募集する運び。

希望退職の対象となっているのは、勤続1年以上で45歳以上の正社員が対象。
応募者には恒例の退職加算金支給と再就職支援会社を通じた再就職支援。

早期希望退職者など人員削減の対象になった時や希望退職者募集に応募をする方は、『早期退職への応募から希望退職した後の身の振り方』を参考にして下さい。

タイトルとURLをコピーしました