ソフトバンクが通信事業の社員4割を削減する配置転換を発表

ソフトバンクが国内通信事業の社員4割を配置転換する事を発表しました。

携帯電話料金の値下げ要求や、NTTドコモの通信料金値下げ、親子上場などなど、要因はいくつかあるでしょう。

詳細はまだ決まっていないとのことですが、この方はやると言ったら一度は必ず実行に移すので何らかの形で人員削減するのは間違いないでしょう。
自動化の見込みがついた事業から開始すると思われる。

東芝はエネルギーから撤退し始め、ソフトバンクはエネルギーへ参入しようとしている構図は見ていて面白いですね。

トヨタ自動車との提携の方が気になりますが、どこに配置転換されたいでしょう?