東芝がグループ会社含む1060人の早期希望退職者募集を発表、リストラの一環で

少し前に富士通が5000人規模の配置転換、NECの希望退職の実施が開始されましたが、東芝も早期希望退職者の募集を発表しています。

富士通が5000人規模の配置転換、NECの希望退職もスタート
http://newjob.wpblog.jp/article/post-4918.html

東芝の発表によると、早期希望退職者の募集を行うのは東芝本体の他、東芝エネルギーシステムズ、東芝デジタルソリューションズ、及び3社の子会社が希望退職の対象となっています。

希望退職者の募集人数は、東芝本体が約200人、東芝エネルギーシステムズが約800人、東芝デジタルソリューションズが約60人、計約1060人規模となっています。
対象部門や対象年齢などもある様ですが、発表には記載されていません。
応募者には退職金の他、特別加算金が支給される。

今回の希望退職と同時に東芝は、東芝Nextプランと称する会社変革計画を発表しており、希望退職もリストラの一環となっています。

東芝Nextプランに関しての説明会も実施する予定となっていますが、今後5年間のプランとしており、上記の希望退職人数も変更される可能性もあるでしょう。

米国のLNG事業も撤退を発表しており、IT関連事業へ注力するそうです。

東芝、富士通、そしてNECがリストラを発表し、それぞれ新たな人材を募集する訳で、その3社でグルグル人材が廻っていたら面白・・・い?