転職への悪い印象が薄らぎ転職したい人が増えたらしいが実際は?

転職をする事は、日本では悪いイメージがついており、1度や2度ならず3度までも転職した場合の印象は悪いとされていました。
その様な転職の悪いイメージは無くなり転職の悪い印象も全世代で和らいだとされています。

これでブラック企業に留まらず辞めやすい環境となった!
筈なのですが相変わらずブツブツ言っている人は非常に多いです。

何をブツブツ言っているのかというと、やれ転職回数がー、今辞めちゃうとー、などなど採用側も転職者側も両者でブツブツ言っています。

実際のところ、転職はしたいが踏ん切りがつかない転職希望者が非常に多いですし、採用担当によっては転職回数を気にする方が未だにいます。

どんなに優良企業やホワイト企業の求人を見ても色々と考えたあげく応募しない。
どんなに優秀で能力が高い求職者を見ても色々と考えたあげく採用しない。

どうも先に情報を多く入れ過ぎて頭でっかちになっている方々が多いです。

転職の様な情報を入れ過ぎると最終的に現状維持と言う結論になります。
何故かと言うと転職に関する情報が氾濫しており、悪い情報ばかりが頭に残るからです。
そして希望はするが行動はしないと言う結論を出します。

この状況は少し前までの日本経済と似ていると言うか同じです。

新たな事を始める、新たな事に挑戦する、新たな風を入れる、新たな・・・
そう、挑戦する事を辞めてしまったが為に何もなくなった会社がいくつもあるのです。

ある若者集団も述べていました。

転職できる人ってスゲーよ、俺絶対できねーもん。
仕事とか人間関係とかまた一からやり直しって事でしょ?無理無理無理。
だよねー、俺もゼッテー無理だわー。
給料とかじゃなくてさー、転職活動の時点でめんどくセーし履歴書書くのもめんどくせー。
あーわかるわかるわー。
そもそもそんなやりたい事とかねーしー、ホワイト企業とか入るの無理じゃね?

両方とも現状維持を続け過ぎた為に完全に取り残されてしまった部分は知っての通りです。
「失敗」を異常に恐れるあまり「失敗」した例です。

現状維持が悪い訳ではなく、求人一覧でも書いている通りタイミングが重要なのであって、転職回数だとかイメージだとか印象だとか、そんなレベルの話ではないのです。

大手・有名・優良企業、残業少なく安定の高収入など中途求人情報
http://newjob.wpblog.jp/article/373925891.html

現在、求人へ応募するのは数クリック、もしくは数タップで事足りる時代です。
それすらも億劫となってしまっては、今後も何も変わらないでしょう。

採用側は前述の通り失敗を失敗した訳で、一部の企業では変化しており、求人にも表れ始めています。以前はブラック企業を始め企業側に変化が求められていましたが、次はその求人を見ているだけでなく応募するのは求職者。

転職希望者ではなく転職者になるかならないか。