転職に役立つおすすめ転職サイトと転職エージェントの比較と評判

転職サイトや転職エージェントを利用して転職をした事がある人が増えています。

新卒採用で入社して定年退職まで1社という人は少なく、転職は当たり前となっているという事です。

いざ転職活動をしようと考えた時に求人を探すのが転職サイトと転職エージェントとなっています。

転職サイトと転職エージェントは多くありますが、実際に役立つおすすめ転職サイトと転職エージェントの使い方を見ていきましょう。

転職サイトと転職エージェントの特徴と違いを比較

おすすめ転職サイトと転職エージェントを見ていく前に、転職サイトと転職エージェントの違いについて知っておくべき事を見ておきましょう。

転職サイトと転職エージェントの違いを比較する事で、転職活動もスムーズに進みます。

転職サイトの使い方と特徴

転職サイトとは、簡単に言うと企業が求人を掲載し、その求人に対して登録している求職者が応募をする転職サービスです。

転職サイトの使い方や流れとしては、企業が転職サイトに求人の掲載を依頼、掲載された求人に対して転職サイトに登録している求職者が直接応募をします。

応募レジュメやWeb履歴書と呼ばれる応募情報は求人を掲載している企業へ送信され、その送信された応募レジュメやWeb履歴書を元に一次選考となる書類選考を行った後に採用面接の連絡を応募者に送信し、企業側と応募者側の条件が合致した場合には採用となります。

転職サイトのおすすめポイント
企業と応募者が連絡のやり取りを直接的に行う事が転職サイトの特徴と言えるでしょう

転職サイトの求人掲載期間は2週間から1ヶ月が多く、応募から採用までは企業にもよりますが求人掲載締切日から2週間から3週間が基本です。

応募後の書類選考に対する合否の結果連絡は、企業や祝祭日にもよりますが3営業日が基本となります。

転職サイトでの企業との連絡は転職サイト上の管理画面で行う事になり、転職サイトで求職者がする事は求人を探して応募するだけとなります。

求人への応募は転職サイトへ登録する事で可能となり、非公開求人がない事も転職サイトの特徴と言えるでしょう。

転職エージェントの使い方と特徴

転職エージェントとは、簡単に言うと人材採用を行いたい企業と転職を考えている求職者のマッチングを行う転職支援サービスです。

転職エージェントの使い方や流れとしては、転職エージェントへの登録はネットでの仮登録後に面談を行い本登録となります。

企業は採用条件を転職エージェントに伝え、転職エージェントが採用条件に合致するまたは類似する登録者を探して応募の可否を問う連絡をします。
提示された求人への応募する意思があるならば転職エージェント推薦のもと採用面接ならびに面談へと進み、企業との面談後に双方の条件が合致した場合には採用となります。

転職エージェントのおすすめポイント
企業と応募者は直接連絡を取る事は殆どなく、応募から採用迄の多くを転職エージェントを通して行う事が転職エージェントの特徴と言えるでしょう

企業の求人ならびに求職者の登録情報は転職エージェントが管理しており、応募から採用迄のスケジュールも連絡も転職エージェントが管理を行いますので応募者は転職エージェントに登録をするだけとなります。

そのため非公開求人が多くを占めており、転職エージェント登録者以外は非公開求人を見る事ができないことも転職エージェントの特徴と言えるでしょう

転職サイトと転職エージェントの比較

転職サイトと転職エージェントの使い方と特徴を見てもらうと分かる通り、転職サイトと転職エージェントは名前は似ていますが異なる転職サービスですので比較して自分に合った方を選ぶと良いでしょう。

転職サイトも転職エージェントも一長一短であり、双方ともメリットデメリットも当然あります。

転職サイトと転職エージェントの比較ポイント

  • 非公開求人の閲覧可否
  • 求人への応募可否
  • 面接と面談
  • 採用までの難易度
  • 転職エージェントの質

転職サイトと転職エージェントの違いとしては、上記のリスト挙げた様な事が比較するポイントとなります。

自分のタイミングで出来るか出来ないかの可否が転職サイトと転職エージェントでは大きく異なり、非公開求人の有無や閲覧可否も全く異なりますので、例えば非公開求人は倍率が低くなり採用までの難易度が本来ならば低くなる筈ですが、応募者自身が応募する事が出来ないため転職エージェントの質によっては逆に採用までの難易度が高くなる場合があるなどメリットもデメリットもあるという事です。

転職での面接と面談の違いと比較ポイント

転職においての面接と面談の違いも理解して比較をした方が転職サイトと転職エージェントを上手く使いこなせるでしょう。

  • 面接とは、簡単に言うと企業の採用担当者と直接会い、自分のスキルや経験など自己アピールをする場
  • 面談とは、簡単に言うと転職エージェントや採用担当者と直接会い希望の職種や待遇ならびに人柄を確認する場

転職における面接と面談の違いと比較ポイントは上記の様に異なるという事を理解して貰えたと思います。

転職サイトの利用であれば一次面接、二次面接、最終面接後に待遇の面談などの流れとなります。
転職エージェントの場合は登録後に転職エージェントとの面談があり、次に応募企業の採用担当者を交えた面談があり、最終的な入社意思ならびに待遇に関する面談の流れが一般的であり、その合間合間に面接を挟む事になります。

基本的に転職エージェントは面談には同席しますが面接には同席しません

面接会場近くまで一緒について来てくれる転職エージェントもいますが面接には同席しませんし、当初から採用する予定で面接なしでの3者面談の場合もあります。
それら有無の比較は顧客企業や担当者によって異なりますので事前に転職エージェントに確認をしておくと良いでしょう。

転職サイトと転職エージェントを利用する上で、面接と面談の違いと比較ポイントを知っておくと良い事を理解して頂けたと思います。

おすすめ転職サイト

おすすめの転職サイトは以下の通りです。

@type

@typeは、キャリアデザインセンターが運営する転職サイトです。

@typeのおすすめ比較ポイントと評判

  • 技術系やクリエイティブ系職種の求人が多い
  • 残業時間などが労働環境が求人に記載されている
  • 転職エージェントの詳細な求人を見る事ができる
  • 優良企業の掘り出し求人がある

転職サイトの@type公式ページ
@type

DODA

DODAは、パーソルキャリアが運営する転職サイトであり転職エージェントです。

DODAのおすすめ比較ポイントと評判

  • 大手転職エージェントとしての実績が多い
  • 外資・大企業から中堅・中小企業など幅広い求人がある
  • 拠点が全国の主要都市にあり対応エリアが広い
  • 転職エージェントとして求人が探しやすい

転職サイト・転職エージェントのDODA公式ページ
転職で、サイトに掲載されていない【非公開求人】を活用する方法とは?

カイゴジョブ

カイゴジョブは、エス・エム・エスが運営する介護職専門の転職サイトです。

カイゴジョブのおすすめ比較ポイントと評判

  • 介護・福祉専門の転職サイトとして介護系の求人が多い
  • カイゴジョブフェスタによる介護施設の転職説明会がある
  • 介護・福祉系職種の仕事は需要が高い

転職サイトのカイゴジョブ公式ページ
介護の求人情報30,000件。カイゴジョブ

リクナビNEXT

リクナビNEXTは、リクルートキャリアが運営する転職サイトです。

リクナビNEXTのおすすめ比較ポイントと評判

  • 総合転職サイトとして求人が多い
  • 大手企業から中小企業まで幅広い求人がある
  • 営業・事務・サービス系職種は特に多い

転職サイトのリクナビNEXT公式ページ
リクナビNEXT

おすすめ転職エージェント

おすすめの転職エージェントは以下の通りです。

ワークポート

ワークポートは、ワークポートが運営する転職エージェントです。

ワークポートのおすすめ比較ポイントと評判

  • ゲーム・IT・Web業界への転職に強い
  • 転職先が決定した人数ランキング6回連続1位
  • 転職エージェント業務専門であり特定業界に強い
  • ゲーム業界のIT・Web・クリエイティブ系職種に強い
  • 転職エージェントとして求人が探しやすい

転職エージェントのワークポート公式ページ
ワークポート

@type転職エージェント

@type転職エージェントは、転職サイト@typeの転職エージェントです。

@type転職エージェントのおすすめ比較ポイントと評判

  • 広告代理店やメディアなどクリエーター系やエンジニア系の求人が多い
  • 転職サイトと同じく転職エージェントも専門的な強みがある
  • 特定業界や職種に特化した大手企業の求人も多い
  • 転職サイトとの連動で待遇も分かる

@type転職エージェントは転職サイト@typeと同じくキャリアデザインセンターが運営しており、キャリアアドバイザーを見ても分かる通りIT・Webを中心とした特定業界や職種の求人が多いです。
最近では営業や販売・サービス・事務へも拡充しており、IT・Web系以外の職種の求人も増えています。

転職エージェントの@type転職エージェント公式ページ
@type転職エージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェントは、マイナビの転職エージェントです。

マイナビエージェントのおすすめ比較ポイントと評判

  • 全国に営業所があり対応エリアが広い
  • キャリアアドバイザーの担当職種が幅広い
  • 転職エージェントとして求人が探しやすい

転職エージェントのマイナビエージェント公式ページ
マイナビエージェント

JAC Recruitment(ジェイ エイ シー リクルートメント)

JAC Recruitmentは、ジェイエイシーリクルートメントの転職エージェントです。

JAC Recruitmentのおすすめ比較ポイントと評判

  • 外資系企業や海外進出企業など、グローバル企業への転職が強い
  • キャリアコンサルタントの人数が多くサポートが手厚い
  • 企業ごとに担当者がいる場合が多く、転職情報も多い
  • ホワイトカラーの求人が多く、管理職求人も多い

転職エージェントのJAC Recruitment公式ページ
JAC Recruitment

ミイダス

ミイダスは、ミイダスが運営する転職支援サービスです。

ミイダスのおすすめ比較ポイントと評判

  • 書類選考がなく面接確約である
  • 応募する必要はなくスカウトのみ
  • 市場価値測定による年収査定が面白い

転職支援サービスのミイダス公式ページ
ミイダス

弁護士ドットコムキャリア

弁護士ドットコムキャリアは、弁護士ドットコムが運営する転職エージェントです。

弁護士ドットコムキャリアのおすすめ比較ポイントと評判

  • 企業法務や弁護士専門の転職エージェントである
  • 企業内弁護士や企業法務の需要が高い
  • 弁護士ドットコム運営による専門知識のある担当エージェント
  • 法律遵守当たり前なので信頼性が高い

近年、企業内弁護士や企業法務へ転職する人が増えており、新卒の転職率22.8%と比較してみても、弁護士の転職は24.7%と少し高くなっています。
企業内弁護士や企業法務の人数を2001年と比較すると22倍へと増えており、弁護士法人の数も2003年と比較すると11倍となっています。
ネット社会やグローバル化に伴い、様々な法的問題が発生しており、国内での需要以外に国外での需要も増しています。
弁護士ドットコムへ登録している弁護士は1万2000人以上おり、弁護士や企業法務専門の転職エージェントの信頼性も高いです。

転職エージェントの弁護士ドットコムキャリア公式ページ
弁護士ドットコムキャリア

テンプスタッフ

テンプスタッフはパーソルテンプスタッフが運営する転職エージェントであり派遣会社です。

テンプスタッフのおすすめ比較ポイントと評判

  • 登録はネットで完結、面談なしで登録できる
  • 求人が多く直ぐに紹介してくれる
  • 大手派遣会社で信頼性が高くノウハウがある
  • 派遣社員の社会保障や待遇は大手が有利
  • 正社員登用や紹介予定派遣も多い

転職エージェントによる転職支援サービスが増えていますが、実は派遣会社も転職エージェントによる転職支援サービスです。

正社員や紹介予定派遣での転職を希望している事を派遣会社の転職エージェントへ伝えると良いでしょう。
派遣会社での転職が良いという方は以下を参考にして下さい。

テンプスタッフは大手派遣会社であり、派遣社員でも有給休暇の取得や健康診断の受診が可能となっています。
無期雇用での採用や紹介予定派遣の他に転職エージェントでの転職支援サービスも利用できます。

転職エージェント・派遣会社のテンプスタッフ公式ページ
テンプスタッフ

転職エージェントの注意点

こういった転職エージェントによる転職支援サービスや派遣会社を利用する際の注意点があります。

これら転職エージェントや派遣会社は無料で利用できますが、転職エージェントや派遣会社の収益は成功報酬となっている会社があり、採用が決まらず顧客企業から急かされている求人案件や、評判の良くない高年収の求人案件を無理やり紹介される場合があります。

運営側も利益が欲しいので、ある程度は仕方ないですが、しつこいと感じるのであれば遠慮なく転職エージェントの変更や退会をする方が良いでしょう。

要は、向こうはあの手この手で転職させようとする訳ですから、仕事が無い、採用されない、優良求人が無いと感じている人にとって転職エージェントや派遣会社は効果的です。

一方スペシャリストの場合は転職エージェント側も報酬が高額になるので非常に慎重となります。

転職エージェントも相手によって態度が変わりますので、流されないようシッカリと自分の意思を持つことが重要です。

転職エージェントや派遣会社の転職支援サービスを煩わしいと感じるのであれば、転職サイトでの直接応募へ切り替えて行きましょう。

タイトルとURLをコピーしました