【春闘2018】賃上げ実施予定企業は5割以上、待遇改善なかった場合は転職する

ロイター調査でベースアップ実施企業は5割以上となっています。
ロイター調査は資本金10億円以上の中堅・大企業400社を対象で回答社数は236社程度ですので、賃上げは大企業だけでしょと嘆いている方も多い様です。
しかし帝国データバンクの調査でも賃上げ実施予定企業は5割以上と言う結果が出ており、少なくとも5割は賃上げ実施は確実でしょう。
賃上げする企業も二極化しており、業績好調を背景に従業員へ還元する企業と、人手不足に陥っており賃上げで雇用増や引き留めとなっています。
どちらが良いかと言ったら勿論従業員への還元が目的の賃上げで有り、今後も継続して賃上げを検討する企業である可能性が高いです。
人手不足で賃上げする企業は業績が悪くても事業継続の為、仕方無しに賃上げをする訳であって一時的な事に過ぎません。
しかし、両社とも賃上げする事に変わり有りませんから働く人にとっては素直に喜んで良いと思います。
最も最悪なのは賃上げどころか全く処遇改善を行わない企業です。
賃金改善を行わない理由で最も多いのは業績が悪い事となっています。
賃上げを行わない事で社員のモチベーションが下がり、転職するとは考えていない様です。
中小企業は御構い無しに賃上げを行う予定となっていますので、厳しい状況下でも社員は辞めない場合が多くなると思われる。
金融機関は大手の賃上げ報道で全般的に賃上げが有ると思われているが、業界別の調査結果では最も賃上げする企業が少なくなっている。基本的に金融機関はインセンティブでの報酬が主ですので、僅差ではなく圧倒的に少ない。不動産や農林・水産での賃上げが少ない理由も同様です。
それら業界を含めた上での5割ですから相当数の企業が賃上げに踏み切る事になります。
労組が有ろうが無かろうが既にベースアップによる賃上げを発表している企業も有り、同一労働同一賃金が先送りされた事でサッサと妥結して今後に備える企業も出て来ています。
この状況下において賃上げも何もしない企業に留まる理由はなんでしょうか。
一体なぜストレス溜まる企業に固執し、その企業にどの様な魅力が有るのでしょうか。
出来れば愚痴ではなく、その企業にどの様な魅力が有るかを投稿して欲しいです。
多くは人間関係が良いからとなるでしょうから、それも無しでお願いしたい。
多分・・・労組もびっくりの転職が面倒くさいからとなる。

タイトルとURLをコピーしました