【春闘2018】花王3%以上、三菱ケミカルHD3%程度、ペッパーフードサービス6%のベア賃上げ実施を発表

春闘2018での賃上げ交渉がスタートしていますが、花王、三菱ケミカルHD、ペッパーフードサービスが賃上げ目標である3%以上のベースアップならびに賃上げ実施を発表しています。
花王は労組が有りませんが利益を社員に還元する意味を含め年収ベースで3%以上の賃上げを実施する予定となっています。
三菱ケミカルホールディングスは三菱ケミカル社員を対象に、ベースアップや定期昇給などで賃上げ3%程度を実施する予定となっています。
ペッパーフードサービスは正社員を対象に、ベースアップや定期昇給分で平均約6.4%の賃上げを実施する事を発表しています。
花王、三菱ケミカル、ペッパーフードサービス共に業績が堅調に推移しており、賃上げには積極的な姿勢を見せています。
3%や6%の賃上げ幅となっていますが、その数値以上になる可能性も有りそうですね。

タイトルとURLをコピーしました