GEとテバが1万人規模のリストラ、コスト削減で人員削減

ゼネラル・エレクトリック(GE)が、約1万2000人規模のリストラを行う事が発表されています。
GEの人員削減は以前から言われており、先月はシーメンスも6900人規模のリストラを発表しています。。
GEの人員削減の対象となっているのは電力部門であるGEパワー。
ここ最近の化石燃料関連市場は低迷しており、火力発電向け事業はGEに拘らず厳しい状況となっている。
世界的に再生可能エネルギーへと転換をし始めている事もあり、経営戦略の転換期になっている企業は多い。
次にテバ・ファーマスーティカル・インダストリーズも約1万人規模のリストラを行う可能性が有ると報道されており、GE同様コスト削減での人員削減とされている。
テバは今年度の四半期決算発表で非常に厳しい状況が明かされ、株価も大幅に下がっています。
ジェネリック医薬品自体の需要が減った訳ではなく、多くの医薬品メーカーが参入して来ており、従来通りの展開とは行かなくなって来ている。
先日、チャレンジャー・グレイ・アンド・クリスマスが米国の人員削減計画の調査を発表しています。
先月11月米国での人員削減は3万5038人で前月比17%増し、前年同月比でも30%増しと増加傾向にあります。年累計では少ない方では有りますが、医療業界に限ってみると124%の増加となっている。
テバは米国が主な市場であり、非常に厳しい競争となっている事が分かる。
あそこ迄業績が悪化していると日本国内のテバグループにも影響がある可能性も高い。

フォローする

タイトルとURLをコピーしました