サンケン電気の早期希望退職者募集に131人が応募、グループ構造改革による人員削減

電源・半導体大手企業であるサンケン電気が、早期希望退職者募集に131人が応募した事を発表しています。

勤続3年以上で45歳以上を対象とし、募集人数は120名でしたが少し上回る応募があったとのこと。

サンケン電気はグループの構造改革を推進しており、幾つかの不採算事業からの撤退、早期の業績改善を目指しており、今回の人員削減もその一環として発表しています。

退職金加算の131人とちょい多目の退職者と言う事で、特別損失約17億円を計上する予定。

既に米国子会社の第三者割当増資で資金調達は行なっている。

退職日は11月30日付ですので、年末はちょっと忙しそうです。

タイトルとURLをコピーしました