イーロン・マスクやAI専門家が兵器利用に関する脅威を国連に警告

「殺人ロボット」の脅威を国連に警告 人工知能の専門家たち
テスラ・モーターズなどの経営者で起業家のイーロン・マスク氏を含む専門家たちの書簡は、国連に「戦争の戦い方に第三の波」が訪れると警告し、兵器管理のためのAI使用を禁止するよう呼びかけた。
自律的に兵器使用を判断するAIが「一度開発されてしまえば、今までにない規模の武力紛争を、人知では理解できないほどの速度で、戦えるようにしてしまう」と書簡は指摘する。
http://www.bbc.com/japanese/40997403

少し前にイーロン・マスクとマーク・ザッカーバーグがAIに関して対立していました。
イーロン・マスクとマーク・ザッカーバーグがAIで対立する、ドラえもんが欲しいのか?ドラえもんの道具が欲しいのか?
http://newjob.wpblog.jp/article/452187588.html
上記の投稿で書いていたとおり、イーロン・マスクが危惧していた事はAIの兵器利用であり、ハッキングの脅威や世界で話し合いを行わなければならないと国連に警告書簡を送っています。
このAIの兵器利用に関してマーク・ザッカーバーグはどの様に考えているのか?
彼は機械学習や深層学習による自社の利益しか考えていない事は明らかです。
一企業ごときが主導して良い案件では無くなっている。
ダイナマイトや原子力エネルギーを見ても良く分かるとおり、非常に有用な技術は兵器となる事は歴史を見ても明らかです。
既に無人何々と言う兵器が開発されていますが、それ以上となる事は許されない。