就職活動での女性のメーク方法と新卒採用面接官が好印象な男性の髪型を資生堂が公表、第一印象は一生に一回

新卒採用の就職活動スケジュールでは、3月に会社説明会、6月に選考面接となっていますが、ゴールデンウィーク前に既に1次面接を行っている企業も有る様です。
経団連企業は6月前後に面接を予定する企業が多いですが、経団連非加盟の企業は我先にと新卒採用のスケジュールを前倒しする企業も多い。
そんな新卒採用での面接に関する情報を資生堂が公表しています。
資生堂が面接情報を公表と聞くとおかしいですが、面接時に好印象を与える女性のメーク方法と、面接官に好印象な男性の髪型を調査した結果を公表しています。
就活メーク
http://shukatsu-beauty.shiseido.co.jp
REAL HAIRSTYLE REPORT(一般企業の新卒採用面接官645人が選んだ面接に効く髪型)
http://www.shiseido.co.jp/uno/special/real-hairstyle-report/
資生堂は女子大生の就活メークは数年前から行っており、昔は書籍ですが現代らしく動画まで有ります。資生堂以外の化粧品メーカーも似たような事を行っていますので、女性の就活メーク自体は特に珍しくないです。
実際問題として面接時に採用担当が化粧や髪型を重視する訳では有りませんが、業界によっては評価項目に含む企業も有りますので、見ておくと良いでしょう。
採用担当の好みは最初から知っている訳では有りませんから、そちらは無視して良いでしょう。
男性版の方には、新卒採用面接官が選んだ面接で好印象な髪型を業界別にランキング形式で紹介しています。これは面白いです。
面接で好印象な髪型はおでこを出している髪型が選ばれており、おでこを出さず前髪が重い髪型と明るいカラーの髪型は不評となっています。
おでこ出しツーブロックも、前髪下ろし軽いパーマも、何方も現在流行っている髪型ですが、真逆の印象を与えています。
第一印象は一期一会と言いますか、次に会う時は第二印象ですから一生に一回しか有りません。
学校では第一印象が悪くても次に会う機会が有りますから、第一印象が悪くても話して見ると良い奴だったと印象が変わる事は多々有りますが、採用面接となると次に会う機会が無い可能性も有りますから、面接時の第一印象が重要なのは分かりますよね。
ここ迄読んで前髪下ろし軽いパーマでモッサリの髪型で採用面接に来る人は・・・ちょっと印象が悪い。
面接時には上記の髪型だったのに、入社したら即髪型を変えてしまう人もいますが、取引先と会う時は好印象な髪型に戻してください。
就職面接時に出来ていた事が何故社会人となったら出来なくなるのか・・・やはり印象が悪い。