味の素が2017年春闘で1万円のベアで妥結、手当も今風に見直し

味の素が昨年に続いて早速春闘で妥結しています。
労組の要求額1万円のベースアップに満額回答しており、4月から管理職含む4000人の基本給を1万円引き上げる事になりました。パートの時給も5%程度の賃上げを行う。
その他に残業時間削減の一環として、4月から所定労働時間を7時間へ短縮する事も合意しています。
味の素は昨年から所定労働時間短縮していますが更に短縮。ですから実際には1万円以上のベアと言う事になります。
その一方で、手当てを今風に見直し今回の原資にするとの事です。
専業主婦前提の配偶者手当ては廃止、残業削減に伴い工場夜間手当や営業早朝手当ても見直し。
現代的と言うより今風と言った方がしっくり来る。
ついでに国内市場依存から脱却して海外市場へ約5000億円投資する事も発表しています。

タイトルとURLをコピーしました