2017年大学新卒の就職内定率71.2%、短大新卒は41.6%、高専新卒は95.7%、専門新卒は53.8%

来年2017年春に新卒となる学生達の就職内定率が文科省・厚労省の調査で分かりました。
平成28年度大学等卒業予定者の就職内定状況調査(10月1日現在)
http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/28/11/1379525.htm
高等教育機関別の就職内定率は以下の通り。
大学 就職内定率71.2%
短大 就職内定率41.6%
高専 就職内定率95.7%
専門 就職内定率53.8%
男女別では男子学生69.3%、女子学生73.6%。
大学に限ると国立67.6%、私立72.4%、文系71.4%、理系70.7%。
就職希望者数も就職希望率も高いですが、10月時点で内定を貰っていない学生は約13万人とされており、進学希望者、自営業、家事手伝い等を抜いても内定が無い学生は意外と多い印象を受けます。
確かに内定率自体は高い水準を保っていますが、それ以上に求人が多く有りますので、就職先を選び過ぎて不採用だったのか、1社も内定が出なかったとは考えにくいのです。
こういった新卒内定率が高い時に新卒無職になってしまうと警戒されますので、売り手市場でも大変ですね。