同一労働同一賃金ガイドライン年内に指針、直接雇用だけでなく派遣社員にも及ぶ

正社員と契約社員など非正規社員の待遇を同一にする同一労働同一賃金制度が議論されておりますが、年内にガイドラインを発表します。

ガイドラインの内容が既に一部明らかになっており、明日の発表で大まかな指針が発表されそうですね。

基本給や賞与などは原則同水準では有りますが、待遇差は一部認める。

手当・休暇に関しては待遇差は認めない。

この様な感じのガイドラインになっており、これらは契約社員やアルバイト・パートなど直接雇用だけでなく派遣社員も対象に含まれています。

正社員と派遣社員が同一の場合、派遣元企業すなわち派遣会社は派遣先正社員と同一賃金を支払わなければなりません。

改正派遣法が施行されてから、結構な派遣会社が事業停止命令となっていますので、あまり甘く見ない方が良いでしょう。

派遣を無くす方向で調整していたものの、雇用回復し正社員求人が増加しても派遣社員を選ぶ人が多くなっており、結局派遣を存続させる方向になりましたね。

待遇面に関してより、解雇規制の同一は有り得るかどうかが注目でしょうか。そうなると非正規社員とは呼ばない様な気もしますが、逆に解雇規制は非正規に合わせたりして・・・

タイトルとURLをコピーしました