堅い会社は頭も堅い、転職回数や年齢を気にする業界とそうでない業界

公務員が人気の職業となっている現在ですが、公務員以外でもいわゆる堅い業界、手堅い会社に入りたいと言うと方を良く見かけます。
しかし、この堅い会社は何せ頭も堅くなっており、経験やスキルよりも転職回数や年齢を気にする傾向になっています。
ホワイト企業として平均勤続年数が長い企業がよく挙げられますが、この平均勤続年数ランキングを気にして転職回数が多い人を採用しない会社も有ります。
堅い会社の頭の堅い役員さん達は、転職回数が多い人はすぐ辞める、年齢は若い方が教えやすいと言う固定概念に縛られています。自分が転職してこなかったので、採用する人も転職してこなかった人と言う意味不明な注文も有る程です。
そんな人は今時居ませんよ?と、やんわり否定をしても。そうかなぁ?と堅い頭は柔らかく出来ませんでした。ある程度若い担当者でも頭が堅い人は堅いですので、年齢は関係なく会社自体が堅い。いや業界自体が堅い。まるでバナナで釘が打てる世界の様です。
では、軟らかい業界は?と言うと、これは間違いなくIT・Web業界でしょう。
ご存知の通りIT・Web業界は転職回数のみならず学歴も不問の会社が多いです。
しかし、このIT・Web業界にも頭の堅い会社が存在します。その会社は・・・まぁ分かるでしょう。その会社以外は基本的に転職回数も年齢も学歴も気にしていません。
小売・物流は言わずもがな、何気に自動車業界も軟らかいですし、建設・設備業界も資格と経験重視、広告や制作業界もIT・Webに通じる部分が有りますので、挑戦してみると良いでしょう。