日産自動車がカルソニックカンセイ株式をKKRへ売却、鬼怒川ゴム工業も日本政策投資銀行グループになっている

日産、系列の再編加速 カルソニック全株売却、狙いは
日産自動車は22日、保有する大手自動車部品メーカー、カルソニックカンセイ(さいたま市、東証1部上場)の全株式を、米投資ファンドのコールバーグ・クラビス・ロバーツ(KKR)に売却すると正式に発表した。カルソニックは日産系列で最大の部品メーカー。系列の再編を加速させて保有資産を整理し、自動運転など先端技術に開発投資を振り向ける狙いがありそうだ。
http://www.asahi.com/articles/ASJCQ3T3PJCQULFA00B.html

日産自動車がカルソニックカンセイの全株式をアメリカ投資ファンドKKRに売却する事が発表されました。
今年の初めには、やはり日産自動車は鬼怒川ゴム工業を日本政策投資銀行グループへ売却している。この他に、オートモーティブエナジーサプライの売却も検討しているそうです。
三菱自動車工業に関しては日産自動車も予定外だったと思いますが、日産自動車内で再編の動きが活発に行われている事が分かります。
現在、日産自動車と三菱自動車工業の双方とも求人募集をしていますね。
日産自動車の求人ページ
三菱自動車工業の求人ページ
売却する系列企業もあれば、関係を強化している系列企業も有り、愛知機械工業とジヤトコに関しては関係強化となっています。
この日産自動車のカルソニックカンセイ売却報道の後には、市光工業をフランスのヴァレオが買収する報道が出ており、フランス企業が再編を仕掛けている印象も受けますね。

タイトルとURLをコピーしました