JR西日本が牡蠣養殖事業へ参入、鉄道会社も安泰では無い

JR西、カキ養殖事業に参入へ 沿線人口減で多角化模索
JR西日本がカキの養殖事業に参入する。養殖業のファームスズキ(広島県)と組んで、食中毒の原因であるノロウイルスの影響を受けにくいカキを育てて売り込む。沿線人口の減少を背景に鉄道事業が先細り気味なだけに、事業の多角化を模索する。
https://www.asahi.com/articles/ASJCP5JQTJCPPLFA00B.html

JR西日本が牡蠣の養殖事業へ参入する事が発表されています。

鉄道会社の中途採用求人募集ページでも書いている通りですが、鉄道会社も鉄道事業だけで成り立っている訳では無く、複合事業で多角化しています。

JR北海道では赤字路線が多発しており、JR九州が上場出来たのも鉄道以外の事業が好調だからです。

現在のJRグループで鉄道事業が堅調な推移となっているのは、ご存知の通りJR東日本とJR東海のみ。JR西日本のエリアには大阪や京都、そして神戸が含まれていますが、何しろエリア内の人口減少が深刻化していますので、事業多角化は今に始まった事ではございません。

鉄道事業以外のJR西日本グループ企業の求人も多く有り、例えば現在であれば以下の求人が有りますね。

JR西日本大阪開発の求人ページ

しかし、事業を多角化した所で営業エリアは同じですから、結局は人口減少の影響が多大に有りますので、鉄道会社も安泰とは言えない状況となっています。

JR西日本としては、やはり大阪、京都、神戸を如何に活用するかによって変わってきそうです。

タイトルとURLをコピーしました