タクシー業界はホワイト業界?国際自動車に大卒新卒タクシー運転手が増加

新卒が続々とタクシー乗務員を仕事に選ぶ理由 国際自動車 大卒を大量採用
新卒でタクシードライバーとして入社する大卒社員が増えている。タクシー大手の国際自動車(東京・港)は、2012年は10人だった大卒ドライバーを、2015年には109人まで増やした。17年卒では新卒全体で180人を目指すなど、新卒有効求人倍率が1.74倍と売り手市場が続くなか、新卒採用市場に異変を起こしそうな新たな潮流だ。なぜタクシードライバーなのか。大卒の若手社員たちに話を聞いた。
https://style.nikkei.com/article/DGXMZO08589940Q6A021C1000000

ホワイト企業とは良く聞きますが、ホワイト企業ではなくホワイト業界として注目を浴びているのがタクシー業界と書かれています。

国際自動車では大卒の新入社員が増加しており、2015年の大学新卒入社は109人、2017年は180人の新卒採用を目指している。

タクシードライバーは高齢化が著しく若いタクシードライバーが増えるのは嬉しいと思われますが、一体タクシー業界のどの様な部分がホワイト業界と思って入社したのだろう。

タクシードライバーがホワイト業界の理由

日勤・夜勤・隔日勤務と言った勤務形態や、3連休などまとまった休日を取得できる部分に惹かれた人もいれば、残業が無いホワイト業界、タクシー運転手自体の給与は年収400万円以上で悪くないと思っている人もいるそうです。

後は他にやりたい事が有るダブルワーカーが働きやすい事も、タクシードライバーを選んだ理由として挙げられている。

美人すぎるタクシー運転手として生田佳那さんをテレビで見た事が有りますが、女性のタクシードライバーも増えているそうです。ちなみに生田佳那さんは飛鳥交通。

国際自動車だけでなく、日本交通、大和自動車交通も大学の新卒採用を開始しており、従来のタクシー運転手は高齢者と言うイメージを無くそうとしている。

タクシー会社によっては超ブラック

しかし、一方では残業代未払いやパワハラなどで裁判になっている事も多く、タクシー会社によってはブラック企業も有り、タクシー業界全体をホワイト業界と呼ぶのは時期尚早。

タクシー運転手で検索すると底辺やクズと言うキーワードが出て来ており、そう言ったイメージでタクシー会社に就職してみたら、意外とそうでも無かったと言う事でしょう。

タクシー業界は変革期

タクシー業界に関しては、初乗り運賃などを巡って国と対立をしており、新興勢力であるウーバーやリフト、Googleやアリババなども参入して来ており、各国で業界再編と言うか仕組み自体が変革期を迎えています。

タクシー乗務員になるには

こういった変革期に若手を起用して対応していきたいタクシー会社。

タクシー運転手はタクシー乗務員が正しい言い方で、まず普通自動車第一種免許を取得後3年以上が経過し、普通自動車第二種免許の試験に受かる事でタクシー乗務員になる事が出来ます。

ちなみに普通自動車第二種免許の合格率は低く、思っているよりも難しい。にも拘らずあの運転の荒さは何なのでしょうかね?

タイトルとURLをコピーしました