日本製紙と富士通が海外でリストラ、日本製紙は北米から一部撤退、富士通は2200人削減

日本製紙と富士通が、海外事業でのリストラを発表しています。
日本製紙、「紙離れ」で北米事業リストラ
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ05HDN_V01C16A0000000/
富士通、英やフィンランドで最大2200人削減
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ12H3F_S6A011C1EAF000/
日本製紙は、ノース・パシフィック・ペーパー・カンパニーの株式を手離し北米の新聞・出版用紙事業から一部撤退すると発表。ペーパーカンパニーと言う社名ですよ。
ノース・パシフィック・ペーパー・カンパニーはウェアーハウザーとの合弁会社ですが、日本製紙はウェアーハウザーへ売却する予定、そしてウェアーハウザーはノース・パシフィック・ペーパー・カンパニーを投資ファンド・ワンロックへ売却予定。
日本製紙USAも売却する可能性が強く、北米では容器や産業向けに注力する方針。
富士通は英国で1800人、フィンランドで400人の人員削減をすると発表。
富士通は英国のEU離脱は雇用に悪影響として留まる事を願っていましたが、敢え無く離脱。一応、EU離脱とは無関係とコメントをしていますが、影響は大きいと思われます。
富士通はFMVなどのPC事業をレノボと統合する事を発表しており、再編に勤しんでいる様子。

タイトルとURLをコピーしました