閉店相次ぐ商業施設、シダックス、ヒマラヤ、イトーヨーカドー、パルコなどが一部店舗を閉鎖、リストラは回避

百貨店の苦境は多くの人が知っていますが、ショッピングセンターやカラオケ、スポーツ用品店など商業施設で相次いで閉店する動きが有ります。

まずセブン&アイグループのイトーヨーカ堂ですが、以前から言われていた通り閉鎖する店舗が決定し始めており、閉鎖が決まった店舗の中には40年以上歴史のある店舗も有ったり、創業地の店舗も入っていたり、超大型店舗だったり無くなると分かると寂しくなりますね。

従業員のリストラは有りませんが、店舗閉鎖に伴い近隣店舗への異動となる予定で、異動を希望しない従業員はそのまま辞める形。イトーヨーカ堂は2016年度中に20店舗、今後5年間で計40店を閉鎖する予定となっている。セブン&アイとしては、そごう・西武も西武百貨店2店舗を閉鎖する。

イトーヨーカ堂は段階的に閉鎖となりますが、一斉に閉店となったのがカラオケボックスのシダックス。全国261店舗の内44店舗を8月31日をもって閉店としています。4月からの閉鎖を含めると計52店舗が閉店となっています。

シダックスもリストラを行わず、近隣店舗への異動となります。

カラオケと言えばバブル時代から流行りましたが、同じくバブル時代から流行ったスキー用品などスポーツ用品店ヒマラヤも13店舗を閉鎖する事が発表されています。

閉鎖店舗は公表されていませんが、ヒマラヤも解雇せずに異動で対処する方針。

そして最後はショッピングセンターのパルコも千葉店閉鎖に続いて、大津パルコも閉鎖する事が発表されています。

パルコは大津を去りますが、JR西日本は大津にビエラ大津をオープン予定となっています。

何れも不採算店舗の閉鎖となりますが、その地域の全ての店舗に顧客が来ないと言う訳では無く、むしろ出店ラッシュによる競争激化が原因。

今後、新たな業態として帰ってくる可能性も有りますから、その時には訪れて見て下さい。

ちなみに閉鎖店舗では割引セールも行なっていますので、閉鎖する前に買っておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました