転職エージェントの弁護士ドットコムキャリアで企業内弁護士や企業法務へ転職

最近では企業法務が活躍する場面が増えています。
コーポレートガバナンス、コンプライアンス違反、労働問題訴訟、ライセンス契約違反、M&Aや企業リスクヘッジなど、度々ニュースで報道されますが、これら何れも企業法務が関わります。
もちろん顧問弁護士も関わる問題ですが、大抵は企業法務が最初に対応する事になります。
弁護士の需要も国内外で増しており、特にグローバル化を推進するにあたり国際的な法律知識が無いとグローバル化は難しい。
さて、そういった企業法務・弁護士の需要増しを受けてか分かりませんが、『弁護士ドットコム』運営で知られている弁護士ドットコム株式会社が、企業法務や弁護士専門の転職エージェントサービスを立ち上げています。
弁護士ドットコムキャリア
新卒の転職率22.8%と比較して弁護士の転職は24.7%と少し高く、企業内弁護士や企業法務の人数は2001年と比較すると22倍、弁護士法人の数も2003年と比較すると11倍となっているそうで、前述の通り需要が増しています。
企業法務や企業弁護士で転職するので有れば、法律知識の無い転職エージェントよりも、思いっきり法律に関わっている弁護士ドットコムキャリアを利用して見た方が良いでしょう。
何故なら法律に関わっている分、余計な事が出来ません。
弁護士ドットコム株式会社自体も『働きがいのある会社ランキング2016』でベストカンパニーを受賞しており、余計な事をした場合それらを全て失ってしまいますからね。

フォローする

タイトルとURLをコピーしました