海外金融リストラ拡大の可能性、ロイズ・バンキング・グループは3000人の人員削減を発表

昨年からリストラを行っている海外の金融機関ですが、あまり効果が見えないとの事で更なる人員削減に踏み切る可能性が出てきています。

既にロイズが3000人の人員削減を発表しており、ドイツ銀行、バンカメなども怪しくなっています。

金融危機からの回復が遅れていた所に、英国のEU離脱が加わり、どの様な影響を与えるか注目されています。

ゴールドマン、JPモルガン、モルガンスタンレーなども、今後の市場の動きによって即削減しそうですね。

早期希望退職者など人員削減の対象になった時や希望退職者募集に応募をする方は、『早期退職への応募から希望退職した後の身の振り方』を参考にして下さい。

タイトルとURLをコピーしました