マイクロソフトがリストラ拡大、2850人の人員削減追加を発表

マイクロソフトがリストラを拡大し、2850人の人員削減を発表しました。

マイクロソフトは数ヶ月前にもリストラを発表しており、今回のリストラと合わせると約5000人規模の人員削減となります。

ここ数年間でマイクロソフトは人員削減を何度か行っておりますが、対象となっているのは携帯電話・スマートフォン事業が殆ど。

マイクロソフト自体はクラウド事業が好調で黒字転換しておりますので、更に利益率が高い事業へ注力すると思われる。

ちなみに大幅に人員削減をしているスマートフォン事業も、撤退はしないそうです。

早期希望退職者など人員削減の対象になった時や希望退職者募集に応募をする方は、『早期退職への応募から希望退職した後の身の振り方』を参考にして下さい。

タイトルとURLをコピーしました