中小企業の夏ボーナス平均支給額は25万8672円と僅かに増加

ボーナス支給額は経団連発表が大々的に取り上げられますが、中小企業のボーナス支給額は幾ら位なのでしょうか?
大阪シティ信用金庫が大阪の中小企業1102社を対象とした夏ボーナス平均支給額を公表しています。
中小企業の夏ボーナス平均支給額は25万8672円となっており、昨年よりも僅かでは有りますが1317円増加しています。
しかし一方では夏ボーナス支給しない企業も増加しており、会社によってボーナスにも明暗が出てきている様です。
業種別では小売業が最も多く約28万円、次いで卸売業の約27万円、建設業の約26万円、サービス業・製造業の約25万円と続き、運輸業の約22万円となっています。運輸業のみ昨年よりも減少しています。
今回のボーナスで少ないと思った方は以下のページを眺めて見ましょう。
高年収・高収入の中途採用求人情報


ボーナスは大抵会社の業績を見て支給額を判断しますので、ボーナス無しと言う事は会社としても非常に厳しいと言うことです。よく考えて行動しましょう。

タイトルとURLをコピーしました