シャープが大規模な人員削減のリストラ、2015年度には約3200人が希望退職

シャープ、最大7000人リストラの真実味
「グローバルで最大7000人程度の人員削減」――。
シャープが5月12日15時過ぎに発表した2016年3月期(15年度)の決算概要資料にはこう明記されていた。しかし、その資料は1時間も経たないうちに削除され、該当箇所は「グローバルでの人員適正化」に書き換えられた。2016年3月末現在、シャープの連結従業員数は4万3511人。その16%にあたる人員の削減は大きな経営判断だが、同日の決算会見で言及されることはなかった。
http://toyokeizai.net/articles/-/117796

ホンハイに買収される事になったシャープですが、当初の雇用継続は何処へやら、大規模な人員削減を継続する方針となっている様子。
最初に報道されたリストラ人数は3000人規模の人員削減で、2015年度の希望退職者数である約3200人と同程度でした。
しかし先日の決算概要資料には最大7000人程度の人員削減と記載されており、報道でも7000人のリストラとされていたのですが、1時間経たない内に削除され人員適正化へと修正されていたとの事。
シャープは2012年度に国内社員約3000人が希望退職しており、2015年度と合わせると約6000人規模のリストラをしている訳ですので、多分今回も国内3000人規模、中国を中心としたグローバルで7000人規模の人員削減と言う意味合いかも知れませんね。
シャープは債務超過に陥り東証2部へ降格、社長にはホンハイの戴正呉副総裁が就任、新経営陣にもホンハイから6人送り込まれる予定となっています。
早期の黒字回復目標であればリストラ、中長期での黒字回復を目指すなら技術者は置いておくと思われる。