新卒社員定着率100%、新入社員離職率の低い企業ランキング

新入社員に優しい「ホワイト企業」トップ500
16年最新版!「新卒3年定着率」を徹底解明
http://toyokeizai.net/articles/-/110497
3月から就活スタート、4月から新入社員も入社し、5月のゴールデンウィーク迄は企業も人の出入りが多くなる季節ですね。
人の出入りが激しく無い企業を言い換えると離職率が低い会社、社員定着率の高い会社となります。
昨今の就職活動や転職活動では離職率を公表して欲しいと言う要望が多くなっており、求人募集の際に求人票に離職率を記載している企業も有ります。
しかしながら大多数の企業は離職率を公表していないのが現状。
そんな中、東洋経済が新卒3年定着率が高いホワイト企業ランキングの2016年版を公表しています。
離職率が0%、定着率100%となる、誰も辞めていない企業は以下の通り。

新卒3年後離職率0%企業

ブラザー工業
住友金属鉱山
国際石油開発帝石
三陽商会
石原産業
日新電機
伊藤ハム
日本航空
オリエンタルランド
極東開発工業
石油資源開発
やまびこ
不二製油グループ本社
東洋電機製造
古野電気
コスモエネルギーホールディングス
兼松
野村不動産ホールディングス
昭和シェル石油
アライドテレシスホールディングス
日本水産
亀田製菓
長野計器
明治電機工業
三ツ星ベルト
日本精機
クレディセゾン
エバラ食品工業
イオンモール
タカタ
アルパイン
GSIクレオス
ニッピ
第一工業製薬
松井建設
カーリットホールディングス
藤倉ゴム工業
ニチダイ
サンケン電気
トリニティ工業
マブチモーター
クロスキャット
エキサイト
東邦化学工業
藤倉化成
モリ工業
戸上電機製作所
伯東
東宝
タキロン
ダイジェット工業
中北製作所
アズワン
東京センチュリーリース
東京建物
オオバ
芦森工業
マンダム
昭和鉄工
岩崎通信機
NTT都市開発
北陸電話工事
日清製粉グループ本社
オエノンホールディングス
ニチリン
古河機械金属
トーソー
スター精密
東京ソワール
モロゾフ
WOWOW
セメダイン
ホソカワミクロン
竹内製作所
コーセル
ニチユ三菱フォークリフト
信越ポリマー
松竹
三井製糖
片倉工業
ヒューリック
東邦亜鉛
テクノスマート
東亜バルブエンジニアリング
オプテックス
ダンロップスポーツ
ラサ商事
TOKAIホールディングス
GMOクラウド
片倉コープアグリ
丸尾カルシウム
JCU
ヒラノテクシード
電気興業
本多通信工業
NKKスイッチズ
タツミ
佐鳥電機
内外トランスライン
プラマテルズ
メディアドゥ
川口化学工業
鬼怒川ゴム工業
二レコ
日本アンテナ
桜井製作所
セブン銀行
NECキャピタルソリューション
センコン物流
東京都競馬
BーR サーティワン アイスクリーム
タビオ
大和コンピューター
ODKソリューションズ
キタック
日本カーボン
カネソウ
ヤガミ
プロネクサス
ヤマナカ
今回のランキング結果は上記の通りとなっており、ホワイト企業ランキング常連の中にチラホラ新しくランクインしている企業が有ります。
そう言えば、少し前にも離職率低い企業のランキングが有りました。
2015離職率0%の企業は99社、新卒3年後離職率は32.3%
今回の離職率ランキングとの違いは就職四季報2017年版とCSR企業総覧2016年版。
今回はCSR企業総覧2016年版から、前回は就職四季報2017年版からとなっています。
以前であれば離職率を公表しない企業が多かったのですが、ここ最近では公表する企業が増えている為、様々な角度から企業分析出来る様になったのでは無いでしょうか。
ただ、離職率が低い訳ですから隔年毎の募集だったり、新卒採用も中途採用も採用人数は少なく、求人募集したとしても倍率は非常に高くなり掲載期間前に締め切る場合も最近では良く有ります。
しかしながら、応募資格自体はそれほど敷居が高くない場合が多いですから、その辺りも人気の秘密なのかも知れませんね。