鉄鋼業界は2年でベースアップ月額2500円でほぼ妥結

新日鉄住金、JFEスチール、神戸製鋼所などの鉄鋼業界の2016年春闘は、2年で月額2500円のベースアップで事実上妥結したと報道されています。
鉄鋼労組の要求額は2年で月額8000円のベースアップでしたが、要求を大きく下回る妥結額となっています。前回の2014年春闘よりも500円増しのベア。
今は春闘のベア基準は自動車と言いますかトヨタ自動車と言われていますが、昔は鉄鋼や造船だった時代が有りました。
しかし時代の流れなども有り、自動車業界との差が開いています。
そう言った経緯もあって、経営状況は悪いがベースアップに踏み切ったと見られています。

タイトルとURLをコピーしました