日本マクドナルドが平均2%の賃上げを発表

あまり良い業績とは言えない感じとなっている日本マクドナルドですが、正社員2500人を対象に平均2%の賃上げをする事が発表されました。
ベースアップではなく評価の高い8割の社員を優遇し、残りの2割は据え置きか逆に賃下げとする成果報酬型の賃上げ。
8対2のパレートの法則に則っている賃上げですが、人手不足の深刻化で優秀な人材まで流出していると考えられる。
給与形態も賃上げも成果報酬型となりますが、どの程度業績に反映されるのかが見所かも知れません。
本社であるアメリカのマクドナルドが日本マクドナルドの株を一部売却すると言う報道も有りますので、2016年も日本マクドナルドの話題は多くなりそうです。

タイトルとURLをコピーしました