正社員の月額賃金は平均32万1100円、非正規社員は20万5100円、パートは時給1059円と高い水準

厚生労働省が2015年の賃金構造基本統計調査の結果を公表しています。
それによると、非正規社員を含むフルタイム労働者の月額平均賃金は30万4000円となっており、男性が33万5100円、女性が24万2000円。
正社員の平均月額賃金は32万1100円、非正規社員は20万5100円、パートなど短時間労働者は時給1059円となっています。
男女の賃金格差、正社員と非正規社員の賃金格差は、僅かでは有るがともに縮小している。
正社員やフルタイムは改善傾向となっており、非正規社員やパート、そして女性の賃金は過去最高となっています。
ベースアップなどの賃上げ、人手不足での待遇改善など様々な事が有りましたので、それが理由と考えられています。
女性が働きやすい会社ランキング、日経WOMANの企業の女性活用度調査2015
女性が働きやすい環境の企業ランキング、労働時間や有給・育児休暇、勤続年数などで評価
正社員や非正規・パートを含め女性の賃金が上がった事は間違い無く、業種別でも上記ランキングなどに度々登場する金融・保険が最も賃金が伸びています。
女性の管理職を増やしている企業も有りますから、今後も「平均賃金」は女性社員を中心に上がって行くのではないでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました