高島屋と三越伊勢丹が営業時間短縮、人手不足で労働環境の改善

高島屋と三越伊勢丹が主要店舗での営業時間短縮を4月から行う事を発表しました。
高島屋と三越伊勢丹、営業時間を短縮…労働改善
http://www.yomiuri.co.jp/economy/20160209-OYT1T50041.html
大体1時間から30分程度の営業時間短縮となるそうですが、労働環境の改善で人手不足を解消したい狙いが有ると指摘されています。
飲食店でも営業時間の短縮が始まっており、すき家やガストなどで深夜営業をやめている。
三越伊勢丹は初売りも1月4日からとしており、労働環境の改善に取り組んでいる。
長時間残業もそうですが、旧態依然の労働環境で良しとしている企業は時代遅れとされ人も集まらない。
社員だけでなく派遣もパートもアルバイトすら集まらない。さて、どうしましょうか?と言うことで重い腰を上げていますが・・・ちょっと遅いかも知れません。
百貨店やファッション・アパレルの求人は以下のページを参考に探して見て下さい。
スポーツ・ファッション・アパレル関連の中途採用求人情報