女性の転職は働きやすさ、ワーク・ライフ・バランスを重視

女性の社会進出を促した結果、女性の転職が増えました。
女性の転職が増えた理由としては、女性社員に対する待遇を良くしている企業が増えており、ワーク・ライフ・バランスを合言葉に求人でも重視される様になっています。

転職では女性が働きやすい企業が人気

女性が働きやすい企業や職場環境のランキングも人気ページとなっている。
女性が働きやすい会社ランキング、日経WOMANの企業の女性活用度調査2015


女性が働きやすい環境の企業ランキング、労働時間や有給・育児休暇、勤続年数などで評価
女性が働きやすい環境の企業ランキング、労働時間や有給・育児休暇、勤続年数などで評価
安部首相が女性の雇用を促進するため、役員最低1人、管理職を増やすと言った要望をしました。 育児休暇もこれまでの約1年から3歳時となる3年まで延長を提言していますね。 それについて幾つか書きましたが、実際に日本の企業も最近は女性が...

上記の女性が働きやすい職場環境の企業ランキングでは、当初保険会社が大多数を占めていたが、2015年には業界も増えて女性が多いだけの企業では無くなって来ています。

女性社員を増やしたい建設業界

そんな中、建設業界にも女性社員を増やそうと言った動きが有る様です。
女性活用の企業、公共工事の入札で優遇へ…政府
http://www.yomiuri.co.jp/politics/20160125-OYT1T50063.html
働く女性を支援するワーク・ライフ・バランスを公共工事の入札で優遇する理由としては、男社会で有る建設業界にも女性社員を増やす狙いが有る様です。
・時間外労働と休日労働の合計の平均が月45時間未満
・採用における男女の競争倍率が同じ程度
・女性の育児休業の取得率が75%以上
4月に施行される女性活躍推進法や次世代育成支援対策推進法に基づいて、上記などの項目を満たした企業に対し、入札時に加点する予定となっています。

女性活躍推進法と次世代育成支援対策推進法とは?

女性活躍推進法とは、簡単に言うと社員301人以上の企業を対象とした女性社員や女性管理職を増やす事を義務付ける法律。4月1日迄に計画書を提出しなければなりませんが、2026年3月末までの時限立法です。
次世代育成支援対策推進法とは、仕事と育児の両立が出来る職場環境の企業を『くるみんマーク認定企業』とします。具体的には、残業時間削減や有給消化率や育児休暇取得率を上げる目的となります。要は、ワーク・ライフ・バランスですね。
日本生命の調査では、企業が今後拡充したい福利厚生としてワーク・ライフ・バランスが59.7%と大幅に増えており、仕事と育児の両立が出来る職場環境を整えて行く方針となっている。

働く女性の多くは正社員より派遣社員

一方、当の働く女性はワーク・ライフ・バランスとして正社員よりも派遣社員を選んでいる。
以前にも幾つかの調査で、女性は派遣社員を選ぶとなっていましたが、今でもそれは変わっていない様だ。
非正規雇用対象の労働調査を総務省が発表、仕事に就いた理由は初
http://newjob.wpblog.jp/article/361429481.html
派遣社員1万人を対象に給与や労働時間など満足度を調査する


男性は派遣社員は不本意と答えていますが、女性が自ら派遣社員を選ぶ理由もワーク・ライフ・バランス。要は残業が少なく時間や曜日の融通が効く方が仕事と育児の両立が出来る訳ですから、上記の様な女性活躍推進法や次世代育成支援対策推進法によって今後は女性も転職で正社員を選ぶ可能性は高いですね。

女性の正社員求人も増加

新卒予定の大学生男女にもワーク・ライフ・バランスの意識は高まっており、就職を希望する会社を選んだ理由として1位になっている。
では、実際に女性が転職して正社員となった場合、年収は高くなるのでしょうか?
女性の転職は年収で選ぶ?企業と職種で年収は違う


上記のページでは女性の転職でも人気の企業で働いた場合の女性社員の年収が公開されていますので、参考にして見ると良いでしょう。以下のページで求人を探して見て下さい。
大手・有名・優良企業、残業少なく安定の高収入など中途求人情報
大手・有名・優良企業、残業少なく安定の高収入など中途求人情報
大手企業や有名企業、優良企業や外資系企業などに就職・転職したい方は多いと思います。 安定した企業で残業少ない企業や待遇が良い会社、とにかく高収入であれば良いと言う転職希望者もいるでしょう。 下請けではなく自社で独自サービス展開し...

女性向け正社員求人は、現在のところ前述の様な理由も有り非常に多くなっています。希望通りの転職先は多分見つかると思いますよ。

タイトルとURLをコピーしました