就職氷河期世代のリベンジ転職組が転職市場へ参入

最近よく話題となっている「リベンジ転職」と言う言葉。
リベンジ転職とは、新卒で入社した企業は不本意で後悔していると感じ、雇用情勢が改善した今、意中の企業へ転職を考えている事となっている。
就活混乱のあおり…来年は「リベンジ転職」が、氷河期のロスジェネの逆襲もあるか
http://www.sankei.com/west/news/151230/wst1512300012-n1.html
就活スケジュールが変更となり混乱した昨年の新入社員達やリーマンショック以降の就職氷河期世代も含まれています。
そういったリベンジ転職組が転職市場へ参入し始め、現在の転職市場が活況となっていると予測されています。

希望通りの正社員求人情報が多く転職成功になりやすい

金融危機以降と現在では、求人数も募集企業も全く異なりますからね、気持ちはよーく分かります。20代や30代なら意外と上手く行く可能性は高いと思います。
大手・有名・優良企業、残業少なく安定の高収入など中途求人情報


しかし、私としてはITバブルが弾けた後の超氷河期世代の方が頑張って欲しいと感じています。

40代で転職成功するチャンス

本当に厳しい時代を過ごして居る内に40歳前後となっている超氷河期世代こそリベンジ転職をして欲しいと考えています。
何でこんな事になってしまったんだろう・・・と激しく後悔している40歳前後は、自分を見つめ直し、今一度チャンスを掴んで欲しい。特に独身で有るならば尚更だ。
転職する際の注意点は、もちろん会社を辞める前に転職先を決めておくこと。
仕事をしながらの職探しは時間も体力も必要ですので大変ですが、転職先を決めておかないと本当に大変な事になりますので注意しましょう。

タイトルとURLをコピーしました