仕事が辛い、仕事が出来ない、仕事がつまらないと悩む理由と対処法

仕事がつまらない理由とその対処法
http://www.lifehacker.jp/2015/12/151220_work_unhappy.html
誰しもが仕事が出来なくて、朝会社に行く事が辛く、出社しても仕事がつまらないと感じる時は有ると思います。実際に私も有りました。
こういった仕事に関する悩みを持つ理由や原因は必ず存在しますので、早めに対処をしておきたい。
上記記事では、仕事がつまらない理由と原因は以下の2つとなっています。
・自分がなぜ不幸なのか理解していない。
・何が良くないかはわかっていても、それを変えることはできないと思い、良くするために実行可能な選択肢がわからない。
不満を感じる理由として、給料、安定性、将来性、周囲の人達、要求が多い、柔軟性、仕事自体に分類されており、仕事が辛いと感じる時期は瞬間的なものと慢性的なものに分かれるとされている。
仕事の不満を感じた時の対処法として、ポジティブになる、理想の職場と比較しない、新たな仕事を探すの3つが挙げられています。
仕事が出来ないと感じる場面は人それぞれですから、この様に細分化されているのでしょう。

仕事の不満は職場の人間関係が殆ど

仕事の不満として給料、職場の人間関係が最も多いですが、給料は対処しやすいとしても人間関係は難しいです。上司がムカつく、同僚がツマラナイなど幾つか有ると思いますが、学生時代のノリで仕事をすると人間関係が面倒臭いと感じます。
要は社内で仲の良い友達ではなく仲の良い同僚止りにする。上司に対して反抗するのではなく、むしろ尊敬しゴマを擦ると良いでしょう。嫌われる事に慣れている上司は好かれる事に慣れていませんし、反抗するよりもストレスは軽減される。要はポジティブ思考で長いものに巻かれる。

仕事のプレッシャーは感じて当然

次に要求が多いですが、これは自分のキャパシティ以上の仕事で起こりやすい。プレッシャーがキツく仕事が出来なく辛いと感じるでしょう。そんな貴方は正解。
自分の器を理解している事は非常に重要で、これ以上は無理と言う線引きも出来る筈。重圧を感じると過呼吸気味になりますので、自分で気付くことが重要。ボーダーラインを分かった上で一つ一つ不安を解消していかなければなりません。

会社の安定性が不安なら転職しかない

安定性や将来性・柔軟性、そして仕事自体に関しては、自分で対処するにも限度が有りますので、こちらは理想の職場と比較する事を辞め、会社を辞めて転職となります。仕事探しも理想の職場を追い求める事は辞めて、あくまでも不満を解消出来る仕事探しとなります。理想の職場を追い求めると折角の新たな仕事探しなのに、希望ではなく単なるストレス溜め込む作業となります。
現在の様な情報社会では、多くの情報が入ってきますので良い事ばかりの理想の職場、所謂ホワイト企業が存在すると思ってしまいます。実際には万人にとってのホワイト企業はなく、ホワイト職場環境だと理解する事が重要になります。
安定性の高い会社に転職したい方は、以下のページを参考に。
大手・有名・優良企業、残業少なく安定の高収入など中途求人情報
責任やプレッシャーと無縁の高収入になりたい。
楽で簡単な、人と会わない仕事で多くの給料を貰いたい。
上司も同僚も先輩も全て自分の言いなりになってくれる。
上記の様に理想が多ければ多い程、不満やストレスを抱え込む事になりますので、一つ一つ焦らず対処する事が長く働く秘訣となる。
新卒採用で大企業に入れなければ終わりや、転職回数が多いと不採用などが有るから余計なプレッシャーを感じてしまい萎縮してしまう。だからこそ年齢不問の転職を推進し、何時からでもやり直す事が出来る環境を整えて行かなければならないのです。

タイトルとURLをコピーしました