アングロ・アメリカンが8万5000人程をリストラ、保有資産も6割削減する投げ売り状態へ突入

英資源大手、大規模リストラ策 保有資産6割削減
http://mw.nikkei.com/tb/#!/article/DGXLASGM08H59_Y5A201C1FF2000/
英国資源大手であるアングロ・アメリカンが、東芝どころでは無いリストラを発表しました。
その人員削減数は何と8万5000人程度、現在13万人以上の従業員が在籍するアングロ・アメリカンですが、半分以上の社員をリストラする事になります。
更に保有資産の6割を売却し鉱山も閉鎖すると発表しており、資産を投げ売る覚悟の様子。
理由は勿論、資源価格の大幅な下落。
先日のOPEC会合でも減産見通しが立たず、アメリカやロシアも原油価格維持に協力姿勢は見られない。
それどころかアメリカは40年ぶりに原油輸出を解禁し、更に供給過多となり、原油価格も一段と下げる見通しが有る。
日本としては原油が安く手に入り、中東以外にアメリカからも供給できる状態になります。
要は長らく続いたOPECの独占が無くなった訳ですが、鉄鉱石価格も下落が続いており、こちらがアングロ・アメリカンにとっては痛かったのかも知れません。

タイトルとURLをコピーしました