ダウケミカルとデュポンが合併へ、様々な業界で再編続く

米ダウとデュポンが合併合意、巨大化学企業誕生へ M&A加速も
http://jp.reuters.com/article/dow-m-a-dupont-idJPKBN0TU20C20151211
アメリカのダウケミカルとデュポンが合併に合意したそうで、これで超巨大化学メーカーが誕生する事になりますね。
新会社のCEOにはデュポンのエド・ブリーン氏、執行役会長にダウ・ケミカルのアンドリュー・リバリス氏が就任する予定となっています。
合併の理由としては幾つか有るのでしょうが、節税対策が主と見られており、合併後には農業、素材科学、特殊製品の3社を上場する予定とされている。
ダウ・ケミカル、デュポンともに巨大な化学メーカーですが、農業関連事業に関しては重複する部分は少ない様で、農薬・種子開発でモンサントを抜き、化学メーカーとしてはBASFに匹敵する。
ダウ・ケミカルとデュポンは日本でも多くの合弁事業を行っていますが、どの様な感じとなるのかは不明。一応リストラも有るかも知れません。
ビール業界など様々な業界で合併による超巨大企業が誕生していますが、今回の合併でモンサントやBASFと言った巨大企業もM&Aを加速させる可能性は多いに有ります。
こう言った時には、やはりリストラに注意しなければなりません。

タイトルとURLをコピーしました