2016年の春闘早くもスタート?全トヨタ労連、自動車総連、金属労協がベア3000円以上要求方針

ベア3千円以上で調整 全トヨタ労連、統一要求へ
http://www.sankei.com/economy/news/151203/ecn1512030002-n1.html
まだ2015年の冬ボーナスも支給されていない企業も有ると思いますが、早くも2016年の春闘がスタートした感じです。
全トヨタ労連、自動車総連、金属労協がベースアップ、所謂ベア月3000円以上の要求方針を固めており、2015年春闘のベア6000円から半分程度に基準を抑える事で、広く企業側へ賃上げを促す狙いがあるとの事です。

介護職員もベースアップなど待遇改善

独立行政法人の福祉医療機構が行った特別養護老人ホームを対象としたアンケートでは、99%の施設が何らかの処遇改善を行っています。
待遇改善の対象となるのは基本的に介護職員ですが、施設によっては不平等感を無くすため一般職員も対象に含めている場合も有る。
どの様な処遇改善をしたかと言う問いでは、手当63.6%、定期昇給48.9%、一時金45.9%、賞与36.2%、ベースアップ22.4%となっており、88.9%の施設が処遇改善加算区分でも最も高いIを算定しています。
しかしながら、介護報酬改定によって加算分を補えるかと言ったら微妙な感じの答えとなっており、賃上げと赤字の板挟みとなっている事業所も多い様子。その為9.5%の施設が正規職員の採用を見送っている。
単純な賃上げだけでは人材確保は難しく、長期的な視点で戦略的に考えなければならないとまとめられており、かなりマトモです。業界を知っていると、そうなりますよね・・・

タイトルとURLをコピーしました